お墓用語辞典

By 両国家石材店 東京都八王子市元八王子町3-2389 
 あいうえお順です。 クリックしてください。
■あいうえお
読み仮名 漢字
うけいれしょうめいしょ 受入証明証(書) 改葬先の墓地の管理者(宗教法人)が発行する使用承諾書。墓所使用承諾書と同じ効力を持つ。
えいたいくようぼ 永代供養墓 子々孫々による継承を前提とせず、寺が供養するタイプの墓。
えいたいしようりょう 永代使用料 墓地を使用する権利を買うために墓地運営者に支払う料金。
■かきくけこ
読み仮名 漢字
かいそう 改葬 収蔵した遺骨を、ほかの墳墓または納骨堂に移すこと。現在墓が置かれている市区町村長の許可などが必要。
かいそうきょかしょう 改葬許可証 改葬許可申請書など申請書類を確認した上で、現在、墓地のある市町村が交付する書類。
かいそうきょかしんせいしょ 改葬許可申請書 現在の墓地がある市区町村に対して、改葬許可証を交付してもらうための申請書。
かんりりょう 管理料 墓地の清掃や駐車場管理、水道代などに充当。
かいげんほうよう 開眼法要 新しい墓に、魂を入れるための法要。「納骨法要」も同時に行うのが一般的
がっそうぼ 合葬墓 血縁を超えた複数の人の遺骨を納める墓。永代供養墓は合葬墓の一種。
かろーと カロート 墓の下にある。骨壷あるいは遺骨を入れるスペース。
ごじかいひ 護持会費 檀家費用と同意義。
こうえいぼち 公営墓地 字自体が管理・運営する墓地。生前予約ができない。
■さしすせそ
読み仮名 漢字
さんこつ 散骨 細かく粉骨して霊園や自然の中にまく葬送方法。
しょうけいしゃ 承継者 墓、祭壇、位牌などを相続する人。民法では墓などを「祭祀財産」と呼んでおり、一般的な相続財産とは区別している。
しょうけいてつづき 承継手続き 墓地の名義変更手続き。東京都立霊園の場合は、「承継使用申請書」「申請者の実印、印鑑登録証明書」「使用者(名義人・多くが故人)と申請者の続柄が確認できる戸籍謄本」といった書類が必要。
じいんぼち 寺院墓地 宗教法人が直接に管理・運営。
■たちつてと
読み仮名 漢字
たましいいれ 魂入れ 開眼方法と同じ
たましいぬき 魂抜き 開眼方法と同じ
■なにぬねの
読み仮名 漢字
にゅうだんかりょう 入檀家料 寺院募他に新しく墓を買った際に、檀家となることが条件になっている場合には、そのための費用が必要になることがある。
のうこつどう 納骨堂 骨壷に入った遺骨を納める屋内型の施設。
■はひふへほ
読み仮名 漢字
ぶんこつ 分骨 遺骨を複数に分けて別の場所に置くこと。
へいげんほうよう 閉眼法要 引越しのために墓石から魂を抜く供養をしてもらうこと。
ぼしょしようしょうだくしょ 墓所使用承諾証(書) 霊園の管理者(宗教法人)が発行する使用承諾書。
ぼまいほう 墓埋法 「墓地、埋葬等に関する法律」が正式名称。第5条で改葬の手続きを「埋葬、火葬又は改葬を行おうとする者は、厚生労働省令で定めるところにより、市町村長(特別区の区長を含む)の許可を受けなければならない」と規定している。
ほんざんぶんこつ 本山分骨 仏教の宗派の開祖や高僧と同じ場所に納骨すること。一部の遺骨だけを納骨することが多い。
■まみむめも
読み仮名 漢字
みんえいぼち 民営墓地 宗教法人から委託を受けた民間企業が開発、管理、運営する。
むえんばか 無縁墓 法律的には「無縁墳墓」のこと。承継者がいなくなった墓。
■やゆよ
読み仮名 漢字
■らりるれと
読み仮名 漢字
りだんりょう 離檀料 墓を引っ越すなどの理由で、檀家をやめるときに寺に払う金銭のこと。
■わをん
読み仮名 漢字
【閉じる】
 お問い合わせはフリーダイヤルで  0120-148-247 (年中無休)
【閉じる】